Blog ブログ

体験入学受付中

HOME // ブログ // 笑顔至上主義に疑問・小学1年生の保護者向け絵本講座

Blog ブログ

CATEGORY


メニュー ワンポイントアドバイス 絵本の選び方

笑顔至上主義に疑問・小学1年生の保護者向け絵本講座

一部の人には反感を買うかもだけど、これはわたしが勝手に感じていることです。

よくほら、学校の教室の前にスローガンみたいに
「えがお いっぱい いいクラス」
「えがおが あふれる 1ねん1くみ」
「えがおで あいさつ げんきなクラス」
(↑こんなベタなのないかな)

笑顔至上主義っていうんですか。
これが苦手です。

もちろん、仏頂面より、笑顔の方がいいのかもしれません。

でも、泣きたい日も、怒りに震えるときも、心配で心配でたまらない日も、悲しくてしょうがない瞬間もありますよね。子どもだって。大人だって。

それを否定しているわけじゃないんでしょうけれど、否定されているように感じてしまう ひねくれたわたし がいます。

笑顔じゃないと ダメ? みたいな。
笑顔が いいの? みたいな。

どんな感情にも「いい」「悪い」は ない。

我慢して、無理矢理、笑顔を作る日があるのかもしれない。
でも、幼ければ幼いほど、感情と表情はなるべく一致していた方が健全だとわたしは思います。

ただ、統率するつもりの先生は、生徒がみんなニコニコしていた方がやりやすいかもしれないですよね。
でも、先生のやりやすさのために笑顔を無理に作る必要もないのでは、とわたしは思います。
むしろ、先生には、その子の感情と表情の一致を尊重してほしいと。
身近な大人をホッとさせるために、笑顔を作ることができるような、器用な子ばかりがもてはやされるのは なんだかな。

わたしがこう考えるのは、わたしは仏頂面の子どもだったから、なのかもしれません。
自分がどんな顔で小学1年生のクラスにいたのか、見てないからわからないけど。
笑顔でいられる時間はそんなに長くなかったと思います。

友だちを作れない。
給食が嫌い。
体育が嫌い。
学校が嫌い。

仏頂面のめんどくさい子どもだったと思います。

あの頃の「ありのままのわたし」はかなり手強い存在だったと。
だから、親も先生も周りの大人はわたしのことをきっと可愛いと思えなかったでしょう。
「めんどくさい子だ」とイラついていたと思います。
そう感じていました。

そんな子どもが大人になり、新1年生のためのおすすめ絵本を紹介する絵本講座のご依頼をいただきました。
こんなピンポイントなご依頼をいただけて、本当にありがたいです。





わたしが「新1年生におすすめの絵本」としてリストアップしたものには、かつてのわたしに読んであげたい絵本を入れています。
そして、かつてのわたしみたいな子どもの周りの大人にも、出会ってほしい絵本をリストアップしてます。

もしも、「絵本リストがほしい」という方は、こちらからお申し込みください。
PDFデータで絵本リストをプレゼントします。





小学生パパママのための絵本講座についてはこちら



ブログ一覧